ぽにょ

今、「ぽにょ」と言えば、宮崎駿監督作品の映画「崖の上のポニョ」のことだと思ってほぼ、間違いない。
だから、正確には「ぽにょ」では無くて、「ポニョ」なのだが、言葉の音から感じる印象は「ぽにょ」と平仮名のほうが合っていると思う。
さて、2008年の夏休み、早速「ぽにょ」を見に行ったわけだけれど、感想は・・・微妙。好きか嫌いか?の二択であれば、好きだけれど、何度でも見たいか?1度で充分か?だったら、1度で充分だと思った。宮崎駿監督作品の映画は、奥が深く、何度も見たくなる又は、何度見ても飽きない。
魅力がある作品が多いので、その中では・・・だと思う。それはたぶん、宮崎駿監督が、この「崖の上のポニョ」を子供が楽しめる、子供のための映画として意識していたからではないかと思う。
でも私の友人は、「ムズカシイ宮崎駿監督の映画は楽しくないけど、このポニョは面白かった!」と言っていたので、まさに感想は十人十色。要約すれば、間違いなく「ぽにょ」は可愛いっ!この一言につきます。

ぽにょ 主題歌

「ポーニョ ポーニョ ポニョ さかなの子。青い海からやってきたー」毎朝、近所の小学校の校庭で、誰かが歌っています。
この歌、なぜが、めっちゃ耳に残って消えません。ちょっと外れているように感じる音程の歌い方と声。この歌は、宮崎駿監督作品の映画「崖の上のポニョ」の主題歌です。そうそう、「ぽにょ」は「ポニョ」の主題歌なのですね。
歌っているのは、藤岡藤巻と大橋のぞみさん。8歳の子役、のぞみちゃんと二人のおじさんである藤岡藤巻さんで、主題歌は映画公開よりも半年以上も前となる2007年12月5日に異例の先行発売だったそうです。
でも、あまり売れていなかったみたい。宮崎駿監督が、作曲・編曲しています。宮崎駿監督曰く、主題歌を聞いて「のぞみちゃんの無垢なるものの力に打ちのめされました(笑)」との事。
宮崎監督は「この曲がエンディングで流れて、気持ちにギャップが生まれないようなハッピーエンドを描く責任がある」と決意したそうです。うーん、すごい。歌が映画の内容を決めたのですね。

ぽにょ 評価

「ぽにょ」の評価と言えば、宮崎駿監督作品の映画「崖の上のポニョ」のことでしょう。「ぽにょ」では無くて、「ポニョ」の評価ですね。
って、ポニョは可愛いですよ!間違いなく!「人面魚でキモイ」だなんて、とんでもない!人魚姫・・・だって、人面魚じゃないですか!
それに、ポニョの歌。「崖の上のポニョ」の主題歌は、絶対いい!って言うか、耳から離れないですよ。消えないし、つい、口ずさんでしまう魔力があります。完璧!でも、「崖の上のポニョ」の映画内容。この評価は・・・悪いかなぁ。って言うか、賛否両論。当たり前だけど。
とにかく、起承転結や、理屈が少ない内容になっている。だから、あの、「となりのトトロ」と比較される事が多いみたいだけど、「トトロ」は偉大な人気。大きいから?ポニョは、お魚の女の子。金魚くらい。な、インパクトでしょうか。「ツマラナイ」と言う声、または、「子供の為に連れていったのに、子供だまし。子供が退屈していた。」という評価も多い。
試写会で、子供がキョトンとしていて、宮崎監督が、ガッカリしていたいって話もありますしね。でも、一方で、「3歳の娘の映画デビューとしては、最高!暴力シーンも無いし!楽しんでました!」みたいな声も多数あり。これだけ評価が割れるなら、見るしかない!が正解ですね!

スポンサードリンク